精神安定剤は精神科以外でも処方してもらえ薬の種類も豊富

精神安定剤の種類

精神安定剤という薬に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?
特に精神に問題が無い人からすると、色々な種類があってわからないし、なんとなく病んでいる人が飲む薬で、飲むと平常心になる、くらいの知識かもしれません。
うつ病の人が飲む薬、というイメージが強いですが、実際はうつ病だけではありません。
精神安定剤には大きく分けて4種類があります。
それが抗精神病薬、抗うつ薬、抗そう薬、抗不安薬です。

まず抗精神病薬は統合失調症や躁状態の治療をするための薬です。
幻覚、幻聴があったり、自我を保てないほどの強さの緊張状態、現実と非現実の区別がつかないなどの重度の症状があらわれる方に対して処方される薬です。
薬の主な成分はドーパミンです。重度の精神障害がある方はドーパミン系ニューロンに活動以上があらわれるため、抗精神病薬にて治療します。
そして抗うつ薬ですが、これはうつの気分の持続、自殺願望などといったうつ病のような気分障害を改善するために服用するお薬になります。パニック障害や強迫性障害などにも処方されます。
効果があらわれるスピードがゆっくりで、そう鬱患者が服用すると躁の状態が際立ち、性格が変わったように感じるほど、効果がでてしまう人もいます。

さらに抗そう薬。
抗うつ薬と相反して、躁状態を改善するための薬です。
そう状態の気分の変動が激しく、不安定な方などに処方されます。
抗うつ薬と抗そう薬は、躁鬱状態の方に処方されることが多いようです。

抗不安薬はその名の通り不安や緊張を和らげるための薬です。
依存性が高く、強さも高いものが多い薬です。
薬をやめるとイライラしたり、発作が起きてしまったりするので日常的な軽度の不安に対して気軽に飲むような薬ではありません。

たくさんの種類がある精神安定剤ですが、それぞれに用途や強さが異なります。
とくに抗不安薬にはとても強い薬が多いのです。
今自分が何を飲んでいいのか、飲んでいる薬があっているのか、しっかりと見極め、症状の改善のため最善の薬を服用しましょう。